ダイエットの中で、プチ断食ダイエットというのがあります。プチというからには、完全に断食をする訳ではありません。また、長期間行うわけでもありません。プチ断食ダイエットとは、ダイエットをするために断食を経験してみるというものです。もちろん、長期間断食をすることは、体には良くありません。断食期間は丸一日ですし、水分の摂取は可能です。それでは、効果的なプチ断食ダイエットの方法とはどういうものでしょうか?基本的な方法としては、「準備日・断食日・復帰日」というように、3段階に分けて行います。一番行いやすいのは、金曜日を準備日、土曜日を断食日、日曜日を復帰日にすることです。土日が休みの学生や社会人には、このスケジュールが一番都合が良いでしょう。まず、準備日の昼食は腹八分目にして、夕食は普段の半分にします。水分はしっかり摂りましょう。断食日は、水分以外は一切口にしてはいけません。それに、低血糖を起こすかもしれないので、激しい運動は禁止です。家で安静に過ごします。そして、復帰日の朝食はお粥にして、昼食・夕食はいつもの半分にしておきます。これでプチ断食ダイエットは終了です。このプチ断食ダイエットの目的は、体内に蓄えられた脂肪分を全て使い切り、体脂肪を全て燃焼させるということです。内臓を休めて、体内を綺麗にし、痩せる体を作ることが狙いなのです。ただし、間違ったやり方をしてしまうと、逆効果になってしまいますので、注意しましょうー